2006年12月15日

東京報告 画像付き

061215-01.jpg

無事東京での仕事をしてきましたイベント
筒描を上の画像の様に展示しましたひらめき

東京の人は「筒描」を知らない人が多く、
また初めて見たという人ばかりで説明が大変でしたがあせあせ(飛び散る汗)

着物に興味の無い方達も
筒描の「色」の鮮やかさに惹かれて沢山の人が足をとめてくれました晴れ

061215-02.jpg

上の画像は東京名物かっぽれ踊りでするんるん
下町の風情が感じられる、古き良き文化でしたひらめき

061215-03.jpg

そして極めつけは「本物のチンドン屋さん」わーい(嬉しい顔)
流石お江戸でしたー☆

東京には、着物姿のお客様も多く
色々な人のコーディネイトが勉強になりましたexclamation×2

そして「素敵な着物人」さんとの出会いもありました晴れ

兎にも角にも
病気も怪我も、オーナーママとの喧嘩もなく(笑)

無事の東京出張が終わり、一安心ですかわいい
posted by 時代布・ギャラリー 銀河 at 14:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テスト
Posted by 幸子 at 2006年12月16日 10:56
きれいなブログですネ。この前は本当にお会いできて嬉しかったです。
筒描の画像も私のブログアップより良いようです。私のは一部しか撮れてなかったです。
無名の絵描きさんでこんな素晴らしい図案を残していたなんて感動です。これは、まさに民芸ですね。
私の現在はまっているフックドラグも民芸です。でも海外の良い所は無名でも歴史的、芸術的価値のあるものは高額で取引されている例を見聞しました。本物、十分に堪能したいものです。ヨロシクです。
Posted by Kanon at 2006年12月16日 11:13
お疲れ様でした。花の東京でいい勉強をして良かったですね (^_^)v
Posted by 淳子 at 2006年12月17日 15:43
Kanonさん
先日は、東京でお話できて嬉しかったです☆
ブログの画像は、何度か失敗もしましたが
今では何とか形になってきたかな、と思ってます^^

無名の紺屋の絵師さんでこそ残せる
斬新で、芸術的な作品もあるのだと近頃よく思います。

「フットグラフ」もきっと素敵なのでしょうね!
また色々教えて下さいね♪


淳ちゃん
今年2回目の東京での仕事でしたー☆
今回も本当に勉強になりました^^
暮らすのはのんびり高知が1番だけど
たまには都会の空気も新鮮でいいね!
Posted by 幸子 at 2006年12月21日 14:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。